動画ってどう使うの?-飲食店様編-

動画コンテンツが注目されているのは分かるけど実際どう使うの?使うメリットは?
そんなお声をよくいただきます。
今回は、実際にクリエイトプラスの動画をどう活用していただいているのか、実例を交えてご紹介させていただきます。

活用事例1まぜそば ひばな様

飲食店さんでよく見かける店内POP。

「常連さんやお店スタッフさんのオススメの食べ方」や「食事と飲み物のおすすめペアリング」「店主の食べ方の極意」などなど。待ってる時間に目線の位置にPOPがあると、見ちゃいますよね〜。
おいしそう、気になる、食べる前に見てみたい!と想像力を掻き立てられ、その想像力からSNSで検索するこの流れ。癖づいちゃっている方も多いのではないでしょうか。
そんな時にふと思いました。これ、その場で映像としてみれたらいいな、と。

そこでこんな動画を作ってみました!

やっぱり動画って“しずる感”がはんぱない!
視覚的訴求力が上がり、より五感も刺激されます。

実際に動画をお店で活用していただきました。

いつものPOPやチラシにQRコードを載せるだけ!
とっても簡単に動画コンテンツを取り入れられます。

料理の待ち時間も楽しめちゃいますね〜。
味変のバリエーション紹介にもオススメです。

活用事例2てとてキッチン様

続きましてはキッチンカーでの活用例をご紹介。
マルシェやイベントでの限られたスペース内でポスターやPOPのみでお店やメニューの紹介をするのって難しいですよね。
置かれているショップカードやフライヤーを見ていると、ここでもまた、ふと思いました。 動画なら、1つ1つのメニューをもっと具体的に紹介できるのではないか、と。

そこでこんな動画を作ってみました!

単品メニューのご紹介

紙面上では伝えきれない魅力を、圧倒的情報量をもりこめる動画で訴求することで、より具体的かつ印象的にご紹介できます。

実際にイベント時に活用していただきました。

こちらもフライヤーやショップカードにQRコードを入れるだけ!
しかも同じ動画をサイネージでも使用できるのです。
汎用性があるので動画1本でさまざまな媒体へ使える。これも動画ならではの強みですね。

活用事例3M’s sweets様

最後にご紹介するのは飲食業界の中でももっとも注目を浴びている動画コンテンツ×SNS媒体の活用例。
いまや検索エンジン=SNS。
そんな中でもビジュアル重視型のSNS代表、インスタグラムは飲食店さんとの相性、動画との相性もバッチリです。

実際に活用していただきました。

インスタグラムでは「リール」「ストーリーズ」「フィード」「IGTV」大きく4つのフレーム内で動画を活用できます。
詳しい解説はまたの機会にさせていただきますが、この各フレームを上手く使うことで、フォロワーさん確保→拡散→集客UPへと繋げているお店も多いです。インスタグラムという1つのアカウント内で各フレームを使いこなすことができれば、まるでお店のHPのように活用していけるのです。
しかも無料で。すばらしくないですか?


先にご紹介している「食べ方動画」や「メニュー紹介動画」もそのままSNSでも活用できます。投稿することが大切ですが、日々の継続は簡単ではありません。しかも今や“映え”の時代は廃ってしまい、ユーザーさんは情報収集としてSNS
を利用しています。
写真をただ投稿するだけでは効果は上げられません。

ユーザー様にこのお店、気になるなと思っていただけるためのひと工夫。クリエイトプラスではそんな飲食店様の”ひと工夫”をサポートしていけるよう、さまざまなコンテンツ動画を制作してきました。
印象に残りやすい、視覚的訴求力が高い、汎用性が高いetc…動画のメリットは無限大です。
新しい販促ツールとして動画コンテンツを取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼ まずは1本5,500円から ▼

関連記事

TOP